Tap to close
MENU
MENU

大阪岸和田で全国各地から野球肘などスポーツ障害で悩む方が多く訪れる小波津式無痛神経筋療法。プロ野球選手、メジャーリーガーからも予約で人気の整体院

岸和田本院アクセスバナー

野球肘・野球肩

当院ではプロアスリートから、絶大な支持を受けている
特殊な技術でどこにいっても良くならなかった野球肘・野球肩の痛みの改善へと導きます

こんな症状でお悩みはありませんか?
  • ノースローにしているけど一向に良くならない
  • 野球は諦めたほうがいいと病院で言われた
  • 手術をするしか方法はないと言われた
  • ケガで練習を休んでいる元気のない息子が可愛そう
  • このまま高校(中学)に行っても野球を続けられるかが心配

対応可能な疾患

~肩の疾患~
  • 野球肩
  • 腱板損傷
  • 関節唇損傷
  • スラップ損傷
  • ルーズショルダー
  • リトルリーガー肩
  • インピンジメント症候群
  • 骨端線離開
~肘の疾患~
  • 野球肘
  • 剥離骨折
  • 離断性骨軟骨炎
  • 内側上顆炎
  • 内・外側側副靭帯損傷
~肩、腕の疾患~
  • 上腕二頭筋炎
  • 肉離れ

ご安心ください! 上記のようなお悩みの方でも当院では、改善の可能性は十分あります。
※上記に記載されていない疾患でも対応できますので、一度ご相談ください。

スポーツ選手事例

金本選手
2010年末、金本選手は引退の危機に瀕していました。右肩棘上筋(肩を挙げる筋肉)の完全断裂棘下筋(肩を外に開く筋肉)の肉離れ、それに伴って肩周辺の麻痺などの神経障害…

ボールを投げることやバットを振ることはおろか、グラスを持つ事すら痛みがあり、日常生活にまでも支障がでるぐらい金本選手の右肩は悪化していました。

医師の診断は、復帰するには手術しかない、たとえ手術をしても復帰するには一年半以上の期間が必要になる、というものでした。そんな極めて厳しい状態から小波津式神経筋無痛療法を開始しました。
金本選手
当初金本選手は、2011年の開幕から出場することは完全にあきらめ、選手として復帰することもあきらめかけていましたが、当院の神経・筋肉の特性を利用した特殊な施術を行った結果、ある金本選手の関係者の方は「奇跡」とまで表現されるぐらいめざましい回復をとげました。

そして、完全に無理だと言われていた、2011年の開幕戦に出場を果たし、2012年の開幕時点には、ほとんど以前と変わらないぐらいのパフォーマンスが発揮されるまでに回復を果たしました。

来院されたスポーツ選手の方々

予約
三宅宏美選手
松井秀喜さん
サッカー 赤崎秀平 西大伍 中村充孝選手
ハンドボール 池原綾香選手
豪栄道さん
山田哲人選手

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

野球肘の症例

投げた瞬間に突然痛みが発症し、今まで正常だった肘が、
真っすぐ伸びない、曲がらない状態になり、来院された中学生の症例です。

施術前

施術後

代表挨拶

代表挨拶

私は、プロ野球選手を目指し甲子園出場常連校であった興南高校に進学・ 卒業しました。

社会人や大学から現役続行の声がかかるも、負傷のため野球への道を諦めました。

その後、現役時代の負傷経験が施術家への道を目指すきっかけとなり、
柔道整復国家免許を取得し整骨院を開院させました。

そして、さらなる技術向上を目指し勉強・研究を重ね、小波津式神経筋無痛療法を確立、
現在の小波津 SPORTS MEDEICAL LABO.を立ち上げたのです。

神経筋無痛療法は、人が持っている機能を用いて全身の神経と筋肉を円滑にし、
最小限の刺激で痛みがある場所に対して無痛で施術を行う施術法です。

一般の方に加え、芸能界やプロ野球選手、競輪選手、
角界など第一戦で活躍する選手の施術・フォームチェックを多数行っています。

現在は、年数回渡米しメジャーリーガーの施術も行っております。

経歴

1968年  大阪に生まれる  
1987年  沖縄私立興南高校卒業
1993年  行岡整復専門学校卒業/柔道整復師国家資格取得/小波津整骨院開院  
現在   小波津 SPORTS MEDICAL LABO.

お約束
違い1

安静しかない、何年もかかるという症状を短期間で改善できるよう努めております。
「何年間も痛みを抱え、さまざまな施術を受け続けていましたが、数回の施術で痛みがなくなりました。」「大会前にケガをしてしまい、もうあきらめるしかないと思っていましたが、痛みなく出場できました。」など、数々の喜びの声を頂いております。

違い2

当院では、痛みがない方でも多くの方が来院されます。
その理由として、一番多いのは、パフォーマンスの向上です。
「新記録を更新できた」「体が自分の思い通りに動くようになった」
野球の場合では「球が速くなった」「打球が飛ぶようになった」など
多くの喜びの声も頂いております。

違い2

当院では、痛みのないソフトな施術を行っておりますので、
お子様からご年配の方まで、安心して受けて頂くことができます。

野球肘の施術内容

施術

小波津式筋無痛療法

小波津式神経筋無痛療法は、本来の動きができなくなった筋肉に対して、本人の意思が関係しない反射を使って正しい運動反射弓を創り出します。
この運動反射弓というのは、滑らかな動きを創り出すために、種々の筋肉の機能を高めつつ、連動性と協調性を関節運動と関連させながら、その瞬間にある反射弓を構築して出来た反射弓のことを言います。
小波津式神経筋無痛療法で神経伝達が正常に回復されれば、当然筋肉は正常に働くことができ血流は改善され怪我や不調そして「痛み」は劇的に解消されます。
さらに神経の伝達がスムーズに行われるように回復すると全体的な連動性も高まるので、パフォーマンスの向上にも繋がっていきます。

施術の流れ

STEP1
予約・ご来院
step1
予約制の為、お電話もしくはメールにてご予約をお願いします。
STEP2
受付
step2
予約時間の10分前までにはご来店ください。
STEP3
問診票記入
step3
待合室にて問診票を記入してもらいます。
STEP4
問診
step4
問診をしながら体のチェックをしていきます。
STEP5
施術
step5
個人個人、症状に合わせた施術を行います。
STEP6
効果の確認
step6
施術効果の確認をして、今後のアドバイスを行います。
STEP7
お会計
step7
受付にてお会計をお願いします。

剥離骨折

剝離骨折

肘の剥離骨折とは、上腕骨内側上顆に付着している腱や靭帯などが
投球動作により引っ張られたことにより、付着部の骨が剥がれてしまった状態をいいます。

小波津式神経筋無痛療法は、神経の特性を利用して、
本来の動きができなくなった筋肉に対して、施術をします。
筋肉が正常に働くことができれば、本来、持つ役割(関節を動かす・関節を守る)を取り戻し、
血流は改善され、怪我や不調そして「痛み」劇的に解消されます。

野球肘改善

離断性骨軟骨炎

肘の離断性骨軟骨炎

肘の離断性骨軟骨炎とは、投球動作による外反ストレスによって、
肘の軟骨に負担がかかり続けた結果、 肘の骨の軟骨がはがれてしまう状態、
又ははがれかかった状態をいいます。

小波津式神経筋無痛療法は、神経の特性を利用して、
本来の動きができなくなった筋肉に対して、施術をします。
筋肉が正常に働くことができれば、 本来、持つ役割(関節を動かす・関節を守る)を取り戻し、
血流は改善され、怪我や不調そして「痛み」劇的に解消されます。

野球肘改善

リトルリーガーズショルダー(骨端線離開)

リトルガーズショルダー

リトルリーガーズショルダーとは、
投球動作において上腕骨近位部骨端線(成長軟骨)に負担がかかり炎症を起こした状態をいいます。

小波津式神経筋無痛療法は、神経の特性を利用して、
本来の動きができなくなった筋肉に対して、施術をします。
筋肉が正常に働くことができれば、本来、持つ役割(関節を動かす・関節を守る)を取り戻し、
血流は改善され、怪我や不調そして「痛み」劇的に解消されます。

リトルガーズーショルダー

関節唇損傷(スラップ病変)

関節唇損傷(ステップ病変)

関節唇(かんせつしん)損傷とは、投球動作によるストレスによって、
関節唇に負担がかかり損傷する状態をいいます。

小波津式神経筋無痛療法は、神経の特性を利用して、
本来の動きができなくなった筋肉に対して、施術をします。
筋肉が正常に働くことができれば、
本来、持つ役割(関節を動かす・関節を守る)を取り戻し、
血流は改善され、怪我や不調そして「痛み」劇的に解消されます。

リトルガーズーショルダー
予約
電話予約
営業時間
LINE
岸和田本院
友達追加
大阪市内松屋町院
友達追加
アクセス
メディア掲載
ブログ
小波津整骨院松屋町
スポーツ選手著名人
代表挨拶

野球肘の症例

投げた瞬間に突然痛みが発症し、
今まで正常だった肘が、
真っすぐ伸びない、曲がらない状態になり、
来院された中学生の症例です。

施術前

施術後

施術メニュー
野球肘
肩
膝
腰
首
交通事故
神経筋無痛療法
ブログ
野球心
予約