こんにちは。
大阪府岸和田市、小波津スポーツメディカルラボです。

 

今回ご紹介するのは、
突然、肩や腕に力が入らなくなる(神経麻痺)症状で
手術を2回しても良くならずに来院された症例です。

 

もし同じような症状でお悩みの方がおられましたら
ご参考になればと思います。

 

突然、肩や腕に力が入らなく(神経麻痺)なり手術をするも改善されず来院(50代、男性 Hさん)

 

 

Hさんは、ある日、突然、右肩、右腕に力が入らなく(神経麻痺)なり、
右腕だけが腕を挙げたり、肘を曲げたりすることが
できなくなりました。

 

整形外科に受診すると
頸椎ヘルニアと診断され、
手術を受けることになりました。

 

頸椎ヘルニアとはどのような疾患なのか
少しご説明させていただきます。

 

頸椎というのは首の骨の名称です。

その頸椎(首の骨)と頸椎の間には

クッションのような役割をしている椎間板という組織があります。

頸椎ヘルニアというのはその椎間板が何らかの原因で

下の図のように飛び出してしまい、

神経を圧迫することで

様々な症状を起こしてしまう疾患です。

%e9%a0%b8%e6%a4%8e%e3%83%98%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%82%a2

 

 

 

今回、腕が挙がらなくなってしまった

神経麻痺)のは
神経を圧迫しているのが原因ということで
飛び出てしまった椎間板の部分を摘出する
手術を受けました。

 

 

手術は、無事終了し、
椎間板を取り除くことができたので
このまま回復していくかと思われたのですが、
2カ月を経過しても回復みられない状態でした。

 

再検査後
首の神経が通ってる部分が

狭くなっている(狭窄)から
まだ症状が改善されないと言われ

再度、手術を受けることになりました。

 

 

来院された時の状態がこちらです。

 

%e7%96%8b%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%80%e5%8f%b3%e8%85%95-%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0

 

2回の手術を受けましたが

手術前とほとんど状態が変わってないそうです。

 

上の写真では

右腕を横から上に挙げようとしていますが

70°~80°くらいしか挙がりません。

(正常であれば横から腕を挙げる時は180°までは挙がります。)

%e8%82%a9%e3%80%80%e5%a4%96%e8%bb%a2

 

写真をよく見て頂くと右肩が上がっているのが

お分かり頂けると思います。

 

正常であれば、右肩を上げずに腕を挙げることができるのですが

右肩、右腕が力が入らないので、自分の思うように動かせず

肩甲骨で無理やり腕を挙げている状態です。

 

こちらが実際の映像です。

なぜ神経を圧迫していた原因である
椎間板を取り除き、
狭くなっていた部分を広げたのにも関わらず
症状は回復しなかったのでしょうか?

 

 

考えられる事としては
初めから神経の圧迫が
原因ではなかった可能性もありますし
今の医学では判明できない
難病の可能性など色々なことが考えられます。

 

 

実際にその後の検査でもはっきりとした
原因はわかっていません。

 

 

手術をすれば、
治ると思われた症状が回復が見えないと
ご本人のショックも大きかったと思います。

 

 

さらに右腕だけでなく
2回目の手術後にあろうことか

今まで正常に動いていた
左腕まで動かなくなってしまったのです。

 

 

こちらが来院時の状態です。

 

%e7%96%8b%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%80%e5%b7%a6%e8%85%95%e3%80%80%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0

 

ご覧の通り、左腕も100°程度しか挙がりません。

右腕と同様で、自分の思うように腕を動かせない状態です。

 

この左腕の症状も医師によると
手術でなったものではないと言われ、
原因は全くわかっていません。

 

 

両腕が動かなくなってしまってからは
今までできていた車 の運転が出来なくなり、
仕事や日常生活がさらに困難な状態になりました。

 

 

どこに行けば治るのか?
この症状は何なのか?

 

 

手術をしてもだめで

検査をしても原因不明と言われた時の

気持ちというのは
私達には到底、想像もつきません。

 

 

施術に入る前に、

 

こういった症状の場合、

一般的な整形疾患より

時間がかかる可能性があるという事、

 

でも こういった原因不明の症状や、

神経麻痺、手術後の症状でも

改善例はたくさんあるということを、

お伝えし、納得してもらったうえで

施術を開始しました。

 

 

1回目の施術で
何か月も動かなかった腕が少し動き

やすくなりました。
施術後には緊張が少し和らいだのか
表情にも変化がありました。

 

 

そして最初の3回は続けて来てもらい
その後は週2回で施術を続けていきました。

 

1回施術をする事に徐々に
状態は良くなっていき
5回目の施術後では、
右腕より先に左腕が、ある程度動くようになり
車での通院ができるようになりました。

 

 

右腕の方が動かなかった期間も長かったので

回復には差がありますが、
右腕も施術前より症状の回復がありましたので
その後も継続して
週2回の頻度で通院してもらいようお伝えしました。

 

 

ご本人も治したいという気持ちが
強かったので次第に状態は
回復していき2カ月後の状態がこちらです。

 


現在も施術に来ていただいており、徐々にですが

物を持って肘を曲げれたり腕を挙げたり

と、元気な時のの動きを取り戻していっています。

全快まであと少しです(^^)/
今回のように
手術をしても良くならない
原因不明の症状であっても
当院の施術では、十分回復していく可能性はあります。

 

色んな病院や治療院に行かれて

症状が良くならなかったりすると

もうだめなのか?と諦めてしまうことも

あると思います。

そういった方でも、もしかしたら

改善できる可能性はありますので

諦めてしまう前に一度ご相談ください。

 

 

腕が挙がるようになった時のHさんの笑顔は

本当に忘れられません。ご紹介して頂いた方、

そして何よりこの施術を信じて施術に通って

くださっているHさん、本当に感謝です。

 

そして、同じような症状で困っている方の為にと

動画、画像の掲載を快諾して頂き

ありがとございました。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af

 

 

 

岸和田本院 ホームページ ☟
外観

奈良西大寺分院 ホームページ  ☟

 access2

 

 

 

新規コメントの書き込み