こんにちは。

 

大阪府岸和田市、南海岸和田駅から徒歩10分。

小波津スポーツメディカルラボです。

 

このブログでは、痛みやシビレ、その他体の不自由でお悩みの方の

改善症例を掲載しております。

 

以下のようなお悩みはありませんか?

 

〇1日でも早く競技に復帰がしたい!

〇あらゆる治療を受けたが治らなかった。(手術も含める)

〇手術しかないと宣告されている

〇痛みと付き合っていくしかないと思っている

〇大会に痛みなく挑みたい!

 

こういったことで、お悩みの方は過去にも

たくさんの改善症例を掲載しておりますので、そちらもご参考にして頂ければと思います。

 

過去の症例はこちら

 

肘が伸びない、曲がらない、痛くて投げれない症状が改善。(中学生 野球)

 

今回ご紹介させて頂くのは

野球をしている中学生の症例です。

 

来院される一週間前の練習で

ノックを受けてスローイングをした際に

急に肘に痛みがでてしまい来院されました。

 

来院された時の状態は

肘があまりに伸びない、曲がらない

握力もかなり弱まっていて

力を少し入れるだけでも痛みがでてしまう状態でした。

 

 

こちらが↓↓↓治療前の様子です。

 

肘がくの字になって、曲げても肩から3センチ

ぐらい浮いてますよね

T君の肘の状態を診ていくと

痛みで曲げ伸ばしもできないのですが、

肘に拘縮(筋肉が固まっている状態)がありました。

 

急性の症状でもこのような状態になる事はありますが

 

今回の症状も診ると

一球投げてこのような状態になったというより、

何か月 もしくは何年も前からこのような拘縮が

起き始めていたのではのではないかと思われます。

 

 

普通であれば、この状態だと何か月も投球禁止もしくは

手術、という診断を受けるのが一般的ですね、

当然、一週間後の試合などもってのほかですよね。

 

 


 

 

そして本人もビックリの一回目の施術後の

 

状態がこちら ↓↓↓

 

 

まだ完全に曲げ伸ばしは出来ませんが

痛みはほぼ無くなり、

 

こちらが3回目の治療後↓↓↓

 

 

最後の状態がこちらです。

辻田 大翔 5回目 編集後2

 

辻田 大翔5回目

 

 

4回の施術でまったく痛みが無くなり試合にも

問題なく出場することが出来ました

小波津式神経筋無痛療法では最初の肘の状態からでも

筋肉を動きを正常にし、肘の拘縮を取り除くことも可能です。

 

野球をやっていると肘が完全に伸びない、曲がらない方は

たくさんおられると思います。

 

痛みなくプレーをできる可能性もありますが

本来のパフォーマンスより下がってしまう事の方が多いと思います。

 

このように肘の痛みで思うようなプレーができていなかったり

大好きな野球すらできないなどでお悩みの方は一度ご相談ください。

 

 

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af

 

 

 

岸和田本院 ホームページ ☟
 外観

奈良西大寺分院 ホームページ  ☟

 access2

 

 

 

新規コメントの書き込み