こんにちは。

小波津スポーツメディカルラボ

 

岸和田本院です。

 

前回は、

と題して、

脳卒中脳梗塞の言葉の意味と、

脳梗塞の簡単な説明を

させていただきました。

そこで今回は、

実際に脳梗塞の後遺症

当院に来院されていた方の
症例を紹介させていただきます。

<K.Yさん 65歳 女性>

YさんはH24年3月に脳梗塞を発症し、

左足や左手を自由に動かす事が
出来なくなる後遺症が現れました。

半年間入院してリハビリを行い、

退院後も週に3回のリハビリ
通っておられましたが、

あまり改善がみられませんでした。この時点で、

一般的なリハビリの考え方であれば、
これ以上の機能回復は
見込めない時期(維持期)に入っているので、
機能を維持するためのリハビリ

目的を変えていきます。それでもYさんは、

なんとか杖を使ってでも
1人で歩けるまでに改善したい!!

ということを目標に当院に来院されました。初診時、

左足を挙げる動作ができないために、
歩行器を利用し両手で体を支え、
左足を引きずりながら移動をするのがやっと、

という状態でした。Yさんの後遺症は左足だけでなく、

左半身全体に有りますので、
寝返りをうつことも、
ベットから起き上がることも

ままならなくなっていました。やろう、という意志は

あるのに身体がいうことを聞かない、、、

今まで何も考えずに簡単に出来ていた事が出来ない、、、

これは本当に辛いと思います。

頑張ればどんどん良くなると

言われているのであればまだマシでしょうが、
6ヶ月を過ぎれば
ほとんど改善する事はない。
といわれているのですから、

そのショックは計り知れません。ところが、

それでもあきらめなかったYさんは

当院の施術を受けるたびに足が挙がりやすくなり、

動きがスムーズになり、

杖を使って1人で歩けるまでに改善されました。

発症から6か月以降、

どんなに頑張ってリハビリをしても
ほとんど回復しなかった機能が

施術の回数を重ねるたびに回復していったのです!これにはご本人も、

いつも付き添って来られている娘さんも

大変喜んでおられました。~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、

先程も出てきましたが、

脳梗塞は、

発症から半年が過ぎた「維持期」に入ると
機能の回復がほとんど期待できない。

というのが一般的な考え方です。ですが、

たとえ発症から6カ月が過ぎていても、
当院のように「神経伝達」を
スムーズにする施術ができれば、
Yさんのように

後遺症が改善する可能性はあるのです。

脳梗塞の後遺症であきらめている方は、

是非ご相談ください!PS
Yさんの後遺症がここまで改善したのも、
なんとか杖を使ってでも1人で
歩けるようになりたい、という強い気持ちと

ご家族の献身的な支えがあったからこそだと思います。この記事をきっかけに、

1人でも多くの方の助けに

なれればと願っております。

ご協力いただき本当にありがとうございました。
%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af

 

 

岸和田本院 ホームページ ☟
 外観

奈良西大寺分院 ホームページ  ☟

 access2

 

 

新規コメントの書き込み