こんにちは。

大阪府岸和田市、南海岸和田駅から徒歩10分。

小波津スポーツメディカルラボです。

 

このブログでは、痛みやシビレ、その他体の不自由でお悩みの方の

改善症例を掲載しております。

 

以下のようなお悩みはありませんか?

 

〇あらゆる治療を受けたが治らなかった。(手術も含める)

〇手術しかないと宣告されている

〇痛みが何年も続いているので付き合っていくしかないと思っている

〇とにかく痛みのない生活がしたい

 

こういったことで、お悩みの方は過去にも

たくさんの改善症例を掲載しておりますので、そちらもご参考にして頂ければと思います。

 

過去の症例はこちら

 

膝の手術をする予定で、手術せず改善。(80代 女性)

 

今回は、左膝の痛みで屈伸が

出来なかった女性の症例です。

<大阪府吹田市在住 S.Kさん 83歳>

Kさんは10年前に

エコノミー症候群になって以来

ずっと左膝の違和感に

悩まされていました。

2年前に痛みが

強く出て病院に行くと

「軟骨がすりへって、
膝が変形し炎症を起こしている、

膝を人工関節にする手術を
したほうがいいでしょう。」

と手術を勧められ、

9月に人工関節を入れる

手術をする予定になっていたのです。

軟骨がすり減ってる…

変形してる…

なかなか怖い響きですよね(゜_゜)

「手術しますか?」


って聞かれると思わず

「はい!お願いします!!」
って言ってしまいそうですよね(~_~;)ですが、Sさんは

当院に来られていた患者
さんから話を聞き、

「もし、手術以外で良くなる方法があるのなら」

ということで当院に来院されました。
初診時の状態は、

歩くのに違和感があり、

屈伸は痛くて90°まで

曲げることすらできませんでした。

1回目の施術で歩行の違和感が無くなり、


膝もかなり曲がるようになりました。
3回目の時はかなり歩けるように
なったぶん少し張りが出ましたが、

あとは経過良好。

4回目まで期間を空けずに来院してもらい、

今では月に1回の施術で、

充分良好な状態を保てています。
手術することがほぼ決定しており、

Sさん自身もあきらめかけていたのに、

手術をせずにここまで

改善したことに大変驚かれました。

今では、たとえ旅行先で

沢山歩いても痛みが出ないので

すごく喜んでいただいています(
^-^)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~さて、この症例を読んでいただき、えっ!軟骨がすり減って、
変形しているのに、

手術しなくても痛みが無くなるの!?!?

と驚かれたかもしれませんが、


痛みが無くなった理由を知って頂ければ、

そんなに驚くことでもないのです。
その痛みが無くなった理由とは…

痛みの根本原因である筋肉の

働きを正常な状態に戻すことができたからです。

詳しくはこちら膝痛の改善のポイントをご紹介!

Sさんのように痛みの原因を

しっかりと取り除いてあげれば、

たとえ病院で手術を勧められたとしても、

手術をすることなく痛み無く生活することは可能です。
年齢だから膝の痛みは仕方ない…

手術をしないと良くならない…
そんな事ありませんよ!充分に改善可能です!
岸和田本院 ホームページ ☟
 外観

奈良西大寺分院 ホームページ  ☟

 access2

 

 

新規コメントの書き込み