今回は、

右肩の腱板断裂と診断され、

来院された方の症状をご紹介します。

Dさんは、

3週間前にテニスのプレー中に

右肩を痛めてしまいました。

MRI検査の結果
「右肩の腱板断裂」

という診断で、手術を勧められ
12月に手術が予定されていました。

(腱板とは、

棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋という

4つの筋肉によって構成されています。
肩関節を安定させる働きがあり、

肩関節を動かすために

とても重要な役割の筋肉です)

手術までに期間があるので、

それまでに何か別の方法で良くならないかと

当院にご相談がありました。

当院には今までにも、

腱板断裂で手術しかないと言われ、

手術をせずに改善された方は沢山おられますので、

改善する可能性は十分ありますとお伝えし

納得して頂いたうえで施術を開始しました。

元阪神タイガースの金本知憲選手も、

棘上筋完全断裂と診断され、

全く肩が動きませんでしたが

当院の施術で復帰されています。

こちらの写真が

来院された施術前の状態です。

肩を挙げる動きで

強い痛みがあり

日常生活にも支障がでていました。

b0277236_21154694

そして

こちらの写真が施術後の状態です!

b0277236_21171430

左右変わらないぐらいに、

腕が挙がっていますよね。

腱板の修復術をしないと

挙がらないと言われていた右肩が
ここまで正常に挙げる事ができ、
回復までには

時間がかかるだろうと
思われていたDさんは

短期間での変化に

大変驚かれ喜んで頂きました。

現在も2回、3回と

施術に来て頂いてますが、
いい状態が続いており

毎回喜びの声を頂いております。

腱板断裂の症状以外にも
「手術するしかない」と
診断されていた方が

当院の施術を

受けて改善され良くなった。
という症例は

これまでにもたくさんあります。

電話でのご相談等も

受け付けております。
こんな症状はどうだろう・・?

等気になることがあれば
お気軽にお電話ください。

Dさん、

ご協力頂きありがとうございました。

エキテン1

 

岸和田本院 ホームページ ☟
 外観

奈良西大寺分院 ホームページ  ☟

 access2

新規コメントの書き込み